×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



会葬の礼状の書き方

普通一般的な会葬(お通夜や葬儀に参列すること)者に対しては、葬儀が終わった際に礼状やテレホンカードなどの品物などを渡すのが普通になっているようです。

礼状の内容としては葉書は黒枠のものを使い会葬のお礼と喪主や親戚、友人などの名前を連ねます。葬儀の後から封書などで送ると丁寧な印象を与えるようです。

お悔やみなどに対する礼状としては、会葬した場合と香典などをいただいたことに対するお礼がありますが、本人などが生前お世話になっていた人であっても遺族が色々と取り込んでいたこともあり対応が不十分になってしまうこともありますので後から改めて礼状を書くようにすると良いでしょう。

会葬していただいたときの例文

このたび母○○の葬儀に関しまして丁重なおくやみを頂きありがとうございます。其の上に御供え物などもいただきまして厚くお礼申し上げます。お優しいお心遣いやお言葉などに生前の母を思い出すことも多く、涙も新たにながれてまいります。

××様には母が入院中にもお見舞いなどをいただいており、其の点でもお礼を言わねばなりません。母は明るいように見えますが普段は寂しがり屋のところもあり××様の来院は嬉しいものだったに違いありません。

退院の上では××様とのお花見などを楽しみにしていた様子もあり、遺族としても母と××様との間にはたくさんの思い出があったようで母は其の点で幸せだったといえるのではないかと思います。お世話になり本当にありがとうございました。

今後私たち残された家族は協力して生きてゆくつもりでございます。これからもよろしくお願いいたします。略儀ですが、書面をもってご挨拶お礼申し上げます。 かしこ



Copyright (C) 礼状の書き方・文例. All Rights Reserved.